そもそも乳がんって

死亡率の原因として1位の座に固定されてしまったがんは、多くの方が関係しているものになります。実に2人に1人ががんになる確率があり、3人に1人はがんにより志望するとも言われています。つまりがんはもはや風邪の様な存在であり、がんにならないということ自体が難しい現状があります。医療の進歩によってがん克服率も高くなってきていますが、これが広く広まるにはまだまだ時間がかかります。がんになる確率は2分の1であり、がんを早期に見つけ治療を行なうという事のほうが重要視されています。例えば女性に多いものとして乳がんがあります。にゅうがんは乳房の中に存在する小葉組織や乳管組織に出来るがんで、がん自体の種類は複数あります。いずれも乳房内で発生するため変化を発見しづらいという特徴があります。一般的にしこりがあれば乳がんを疑うべきと言われますがしこりがないタイプもあり、定期的に検査しなければその存在を見極めることは難しいとされています。

14人に1人が乳がんとも言われており、決して低い確率ではないことが既に知られています。乳がんを発症する確率が高いとされる項目には未婚の方や、出産年齢が30歳を超えている方や、初潮が低年齢だったという方、また血縁関係に乳がん発症患者がいることなどがあります。乳がんになったときの症状としてはしこりの発生や乳頭から血液が出ていたり、またくぼみがあるなどがあります。しこりなどはセルフチェックで確認できますが、人によってはしこりの位置がわかりにくい場所だったり、またしこり自体がない場合もあります。そのため精密検査が重要になり、25歳を過ぎれば検査が推奨されています。