乳がんの症状とは

近年では、多くの女性が発病してしまうということで有名な乳がんですが、この乳がんの症状をしっかりと知っておけば早期治療をすることが可能となるため、完治の確立も格段に高くなります。
なので、このページでは乳がんになった際に現れる症状を紹介していくので、自分が乳がんかどうか定期的にチェックするようにしましょう。

乳がんの代表的な症状に乳房にしこりが出来るといいます。しこりの全てが乳がんというわけではありませんが、自分で触ってわかるようなしこりがある場合は、乳がんである可能性が高いので、乳房にしこりなどの異物を発見した場合はしっかりと病院に受診して詳しい検査を行なう必要があります。
乳房に出来るしこりの他にも、乳房にえくぼの様なくぼみが出来たばあいは注意が必要になってきます。この際に皮膚が赤くなって痛みを伴うような場合は、炎症をおこすタイプの炎症性乳がんである可能性があります。乳がん細胞が活発に活動している場合は、リンパ管などに詰ってしまう可能性が高いため、全身への転移の可能性がとても高いがんとなっています。そのため、リンパ管に転移して全身にがん細胞が転移して仕舞う前に発見して治療する必要があるということを知っておきましょう。
なので、しこりやえくぼの様なくぼみが乳房に症状として表れた場合は、しっかりと病院に受診して速やかにがんかどうかの判断をする必要があるということを覚えておきましょう。
乳がんの場合は、乳房に異常が出なくても乳房付近のリンパ節管に症状が現れる場合もあるので、症状が乳房に出ない場合でも、乳房付近で不自然な腫れなどが発生した場合も同様の方法で対処する必要があります。