病院という名の安心感

そもそも乳がんって

乳がんは乳房内に出来る悪性腫瘍のことを指し、しこりが出来る場合と出来ない場合があります。セルフチェックで確認できる場合と出来ない場合があり、精密検査が重要になります。

詳細はこちら

下肢静脈瘤とは

ほとんど知られていない病気のひとつに「下肢静脈瘤」というものがあります。これを治すには病院での治療が必要で、少しでも足に異常が現れた場合はすぐに病院を受診することが大切です。

詳細はこちら

乳がんの発症率と検査

どのがんに対して万能な治療方法や治療薬というのはまだ存在していません。効果的なものはあるにせよ、がんを克服できるか出来ないかは症状の進行度合いによって大きく異なってきます。がんを完全に克服するのであればなるべく初期状態で早期発見することが重要になり、そのためには日頃から検査などを受けておくことが大切でしょう。がんの中でも女性の発症率が高いのが乳がんです。乳がんは14人に1人がなると言われている確率の高いがんで、誰しもなる可能性があるといってもいいでしょう。乳がんには幾つか発症する可能性の項目が知られており、血縁関係に乳がん発症者は存在する場合や未婚の方、初めて出産した年齢が30歳を超えている場合などがあります。項目に当てはまる数が多ければ多いほど発症率が高くなるため、検査の緊急性がわかります。

下肢静脈瘤は足のむくみや血管が浮き出るという症状を伴う病気の1種です。あまり表沙汰にならないですが、患っている方は多く症状の進行度合いによっては傷みが伴うこともあります。静脈の逆流防止弁が塞がり逆流してしまうことでこの症状が発生します。治療にはレーザーを使用し血管を焼き切ります。もしも慢性的なむくみや血管が表面から見えるようになったときは下肢静脈瘤を疑うほうがよく、なるべく早めの治療が必要になるでしょう。治療は保険適用範囲で、比較的安くで行なうことができます。また根本的な治療は医療機関でしか出来ません。

SUB MENU

乳がんの症状とは

近年では、多くの方が様々な病気と戦っています。多くの方が発症してしまうことで有名な乳がんは女性の患者さんが圧倒的に多い病気とされています。ここでは、女性に多い乳がんの症状などを紹介していきます。

詳細はこちら

足に症状が出る

女性に多い病気のなかに下肢静脈瘤という病気があります。この病気は出産を終えた女性に多く発病する病気となっているので、出産を経験した事がある女性は気をつけるようにしましょう。

詳細はこちら

治療の方法

乳がんはがんのなかでも比較的厄介な病気です。しかし、けして完治しない病気ではないので根気強い治療が必要になってきます。ここでは、乳がんの治療方法の代表的な方法を紹介していくので参考にしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら